Access入門(1) アクセス入門講座説明

Access2016の入門講座という事で話をさせていただければと思います。

Accessになじみのない方からは、Accessは何に使うのかというふうに言われることがある。

Accessは業務システム的なもの、会社の在庫管理とか出荷の業務、顧客管理などを作るのに非常に適している。

Excelは多人数で開くことができない。Accessは多人数で使うことを前提にしているので多人数で使える。

複数のシートにまたがってデータを見たり、業務全般を見るような複雑な作業となるとExcelでは無理が出てくる。

そういう時にAccessが使えると非常に良いと思う。

今回はよくある顧客管理のシステム

以下のような顧客のデータを入力できる。

これを「フォーム」と呼び、データを追加できる。

「新しいレコード」を押すと次のデータが入力できる。

フォームで入力したものは、以下の「テーブル」というところにデータがおちる。

いわゆるExcelの表形式的な感じです。

例えば、登録日で集計したいとかの場合

以下を押していただくと

単純にその登録日で集計を行う。

結果はこのような感じで表示される。

クエリというのはデータを並べ替えたりとか集計したりとか検索したりすることができ、日本語で言うと「問い合わせ」というような意味になる。

レポートというのはいわゆる印刷で、はがき印刷のものであるとか、⑨以下のような印刷物を出す。

Excelは以下のようなひとつの表で作業を行うが、

Accessではデータの登録画面と実際にデータを蓄積する部分(テーブル)を分けることができる。

厳密にいうとテーブルにも登録はできる。

「集計」の画面では集計しているので入力はできない。

クエリの中には登録できるものもあるが、できないものもある。

レポートはExcelでいうプレビューモードのような感じ。

同じデータを見ているが、いろんな形でレポートを作ることができる。

Accessは市販の弥生会計のような業務システムを、簡単にいうと自前で作っていくというイメージで思ってもらえたらよいと思う。


弊社は、主に中小企業様向けの業務システム開発ホームページ制作パソコンサポートなど、ITに関する様々なサービスを格安で提供しております。
特に小規模な業務システム開発の分野では、主にAccess(アクセス)を利用した柔軟で効率的な開発を得意としており、関西でダントツの実績があります。

業務システム開発に関しては、以下のような内容で対応しております。
・顧客管理などの単機能なシステムは20万円~50万円が多い。
・受注から入金まで業務全体システムで100万円~350万円ぐらいが多い。
・Access(アクセス)-SQLserverで大規模システム開発は350万円~1500万円が多い。

詳細は、Access(アクセス)、Excel(エクセル)、WEBサイト製作による小規模システム開発のページをご参考ください。

大阪商工会議所からの推薦を受けて、中小企業庁運営の中小企業支援事業に専門家として登録されました。
通称ミラサポ。3回まで無料でのコンサルティングが可能です。ご興味がある方はご連絡ください。
https://www.mirasapo.jp/


(近畿大学にて非常勤講師も務めたバリバリの技術屋が経営する会社)

Access(アクセス)Excel(エクセル)SQL server バーコード Webシステムを使った業務システムのシステム開発の無料相談を受付中

株式会社 アイライト 担当:内藤 響(Naito Ko)
〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目5番9号 日清ビル 5F
(四つ橋線 本町駅 24番出口すぐ)
まずは、メール・電話でご相談ください。
TEL : (06) 6599-8890 E-mail : info@ai-light.com
お電話が混んでいる場合が多いので、つながりにくい場合は
TEL : (06) 6535-5117までお願いします。


株式会社アイライト公式HP
http://www.ai-light.com/
(Access・Excelでシステム開発会社を探されている法人様はこちら)

無料から学べる講座
http://ai-light.com/itkeiei/

YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/ailightcom

ニコニコチャンネル
http://ch.nicovideo.jp/ai-light


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です