Access入門(6) 項目の定義日付型と通貨型の違い

顧客管理を右クリックしてデザインビューを立ち上げます。郵便番号という項目を追加してデータ型を定義していきます。

郵便番号のように桁数が決まっている場合、255になっているフィールドサイズを7ないし8にあらかじめ設定しておいても問題ありません。フィールドサイズが8の場合には文字が8桁まで入力できます。郵便番号の場合ですと、「000-0000」でちょうど、8桁になります。7桁の場合には、‐を省いて「0000000」と入力するようなイメージとなります。

 

登録日のデータ型は「日付/時刻型」です。「日付/時刻型」の場合、言葉通り「日付/時刻型」しか登録できませんので、1月32日などは入力できません。

データ型を「日付/時刻型」にしておくと入力モードの際にはカレンダーが出てきて、入力を補助してくれます。

 

また、例えば「2017/4/31」と入力すると、実際には無い日付になるので「データ型が一致しません」というエラー表示がされます。(型が変わると定義の方法が違ってくる場合があるので、基本的にはデータ型は変更しないようにしてください。下図の赤で囲った2行下に「この列のデータをテキスト型に変換する」という項目がありますが、ここを選択してしまうとデータ型が変わってしまうので注意して下さい。)

限度額という項目を追加して、データ型を「通貨型」に設定します。

 

データ型に関しては、上図の通りプルダウンより12種類から選択することができます。12種類のデータ型は以下のような内容になっております。ただし、概ね、これまで説明した「短いテキスト」「長いテキスト」「数字型」「日付/時刻型」「通貨型」でほとんどの場合は事足りるのではないかと思いますので、すべてを完璧に理解しようとせずに、まずは最低限のデータ型を理解しておいて、その他の型については、おいおい理解していくようにすればよいかと思います。

 

 


弊社は、主に中小企業様向けの業務システム開発ホームページ制作パソコンサポートなど、ITに関する様々なサービスを格安で提供しております。
特に小規模な業務システム開発の分野では、主にAccess(アクセス)を利用した柔軟で効率的な開発を得意としており、関西でダントツの実績があります。

業務システム開発に関しては、以下のような内容で対応しております。
・顧客管理などの単機能なシステムは20万円~50万円が多い。
・受注から入金まで業務全体システムで100万円~350万円ぐらいが多い。
・Access(アクセス)-SQLserverで大規模システム開発は350万円~1500万円が多い。

詳細は、Access(アクセス)、Excel(エクセル)、WEBサイト製作による小規模システム開発のページをご参考ください。

大阪商工会議所からの推薦を受けて、中小企業庁運営の中小企業支援事業に専門家として登録されました。
通称ミラサポ。3回まで無料でのコンサルティングが可能です。ご興味がある方はご連絡ください。
https://www.mirasapo.jp/


(近畿大学にて非常勤講師も務めたバリバリの技術屋が経営する会社)

Access(アクセス)Excel(エクセル)SQL server バーコード Webシステムを使った業務システムのシステム開発の無料相談を受付中

株式会社 アイライト 担当:内藤 響(Naito Ko)
〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目5番9号 日清ビル 5F
(四つ橋線 本町駅 24番出口すぐ)
まずは、メール・電話でご相談ください。
TEL : (06) 6599-8890 E-mail : info@ai-light.com
お電話が混んでいる場合が多いので、つながりにくい場合は
TEL : (06) 6535-5117までお願いします。


株式会社アイライト公式HP
http://www.ai-light.com/
(Access・Excelでシステム開発会社を探されている法人様はこちら)

無料から学べる講座
http://ai-light.com/itkeiei/

YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/ailightcom

ニコニコチャンネル
http://ch.nicovideo.jp/ai-light


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です