バーコードを活用したピッキング出荷検品

バーコードを活用したピッキング出荷検品について説明させていただきます。
商品を扱われている企業様において、商品の量が多くなってくると作業が煩雑になってきます。その際、出荷検品を誤ると大変です。物流量が多くて確認作業も含めてノーミスで作業をするのも大変で、そのあたりで時間を取られることもあると思います。
そういった企業様において、バーコードを活用して出荷業務を効率化しようということはよくあることだと思います。

そもそもバーコードを活用して出荷検品する作業がどのような流れになるのかについて今回は説明させていただきます。

バーコードリーダーを購入してくれば出荷検品ができると考えている方が多々いらっしゃるかと思いますが、実際はまずパソコン側のシステムで「出荷予定」を入力してもらいます。

パソコンに入力した「出荷予定リスト」をハンディーターミナル(バーコードリーダー)に転送します。すると、例えば今日○○○という商品を2つ出荷するといったような情報がハンディの方へ入ってきます。

どこまで効率化するかという事がありますが、例えばダンボールにバーコードが貼ってあって、商品を置いてある棚にもバーコードにした棚番を貼っておきます。

そして、商品のバーコードを読むと「A3」の棚にこの商品があることが画面に表示されます。A3の棚に行き、棚番のバーコードを読み込むと間違いがないので、数量を2と入力します。その際入力する数量が間違っているとエラー表示をできますが、方法としてはそもそも間違った数量の入力はできないようにしておくこともできます。棚番が間違っている可能性があり、そこは訂正できるように設定しておくこともできますが、企業様ごとのニーズによって違ってくると思います。

まとめると、ハンディの中で商品コードを読むと棚番が出てきて、数量を打ち込み間違いがなければ次へ進めるということになります。

出荷が終わると、ハンディに読み込んだデータをパソコンへ転送します。ここまでで、出荷完了ということになります。

ハンディターミナルを準備するだけではなく、業務システムを準備しなければいけないということと、商品にラベルを貼る作業も過程のどこかで必要になってきます。


弊社は、主に中小企業様向けの業務システム開発ホームページ制作パソコンサポートなど、ITに関する様々なサービスを格安で提供しております。
特に小規模な業務システム開発の分野では、主にAccess(アクセス)を利用した柔軟で効率的な開発を得意としており、関西でダントツの実績があります。

業務システム開発に関しては、以下のような内容で対応しております。
・顧客管理などの単機能なシステムは20万円~50万円が多い。
・受注から入金まで業務全体システムで100万円~350万円ぐらいが多い。
・Access(アクセス)-SQLserverで大規模システム開発は350万円~1500万円が多い。

詳細は、Access(アクセス)、Excel(エクセル)、WEBサイト製作による小規模システム開発のページをご参考ください。

大阪商工会議所からの推薦を受けて、中小企業庁運営の中小企業支援事業に専門家として登録されました。
通称ミラサポ。3回まで無料でのコンサルティングが可能です。ご興味がある方はご連絡ください。
https://www.mirasapo.jp/


(近畿大学にて非常勤講師も務めたバリバリの技術屋が経営する会社)

Access(アクセス)Excel(エクセル)SQL server バーコード Webシステムを使った業務システムのシステム開発の無料相談を受付中

株式会社 アイライト 担当:内藤 響(Naito Ko)
〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目5番9号 日清ビル 5F
(四つ橋線 本町駅 24番出口すぐ)
まずは、メール・電話でご相談ください。
TEL : (06) 6599-8890 E-mail : info@ai-light.com
お電話が混んでいる場合が多いので、つながりにくい場合は
TEL : (06) 6535-5117までお願いします。


株式会社アイライト公式HP
http://www.ai-light.com/
(Access・Excelでシステム開発会社を探されている法人様はこちら)

無料から学べる講座
http://ai-light.com/itkeiei/

YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/ailightcom

ニコニコチャンネル
http://ch.nicovideo.jp/ai-light


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です