Access(アクセス)でどこまでできるの?

 たまに質問を受けることとして、「Access(アクセス)では実務に耐えられるシステムが制作できないって聞いたけど、本当ですか?」 というような質問を受けます。私は、そういう印象を持ったことがなかったので、どういうことを根拠とされているのかよくわかりません。 私が思うところで述べますと、Access(アクセス)・Excel(エクセル)で業務システムを作る人は、大きく分けて2種類のタイプにわかれるように思います。

 1つ目のタイプは、Access(アクセス)に限らずシステム開発をバリバリにできて、たまたまAccess(アクセス)をシステム開発の道具として利用しているタイプ。 2つ目のタイプは、Word・Excelの延長線上でAccess(アクセス)の開発をされているタイプ。
2つ目のタイプの方は、一概には言えませんがそもそもシステム開発に関する技術を十分に持たれておらず、Access(アクセス)の使い方を表面的にマスターして開発をされている方が多いように思います。

 2系統のタイプがいるのは、おそらくAccess(アクセス)に限った特有なことと思います。 他の開発言語になると、さすがにWord・Excelの延長線上では手出しができません。 ここにAccess(アクセス)の奥深い点があります。つまり、Access(アクセス)はそもそも小規模なシステムを素人でも開発できるようにした道具です。
しかし、Access(アクセス)は単純に素人さんだけが使うだけの道具ではなく、プロはプロなりのシステム開発ができるように設計されています。 当然、当社はシステム開発のプロですから、プロとして技術的な限界を把握してシステム開発を行っております。
たまに持ち込まれる、素人の方がつくられたAccess(アクセス)システムを拝見しますと、データボリュームや使用状況などを把握せず、妙なところに妙な関数を使ったりしています。 私からみるとおかしくなるのは当たり前です。

 一方、Access(アクセス)という道具は、システム開発のプロはあまり使わない場合が多いように思います。 よって、ちまたにあふれているAccess(アクセス)開発ツールは、素人さんが作られたものが多く、ユーザさんからみると、Access(アクセス)は実践的でないという判断になるのではないかと思います。 結局は、Access(アクセス)が悪いのではなく、Access(アクセス)で開発する人のレベルが相対的に低いということかと思います。 プロのシステム開発屋が作ったら、Access(アクセス)でも、当然しっかりしたシステムが制作できます。
ちなみに当社も、ちまたにあふれている他の開発言語で開発しようと思えば、当然できます。プロですから。

 システム開発会社で多いのは、どんな開発言語でもやりますっていう会社。 なんでもやりますという場合に、結局、何もできないことって多くないですか?
当社がAccess(アクセス)を中心に展開しているように見えるかもしれませんが、正直、Access(アクセス)でなくてもいいんです。 ただ、当社としてこだわっている点は、道具(ツール)をある程度、固定することで道具(ツール)のノウハウを他社より多く蓄積することにあります。
結局、それが、安定した品質のサービスを低価格で提供できる結果になるのだと思います。
だから、お客様が当社を選んでいただけるのだと思います。

今すぐお問い合わせください(無料相談受付中です!!)

(近畿大学にて非常勤講師も務めたバリバリの技術屋が経営する会社)

 Access(アクセス)Excel(エクセル)SQL server バーコード Webシステムを使った業務システムのシステム開発の無料相談を受付中!

株式会社 アイライト 担当:内藤 響(Naito Ko)
〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目5番9号 日清ビル 5F
(四つ橋線 本町駅 24番出口すぐ)
まずは、メール・電話でご相談ください。
TEL : (06) 6599-8890 E-mail : info@ai-light.com
お電話が混んでいる場合が多いので、つながりにくい場合は
TEL : (06) 6535-5117までお願いします。 

お客様の声へ

業務システム開発Q&Aへ

ページのTOPへ戻る

お問い合わせ