業務システム開発Q&A

業務システム開発のサービス概要について

業務システムのツールについて

Excel(エクセル)レガシー問題について

システム開発Q&A

サービス概要について

システム開発の規模はどのくらいまで可能でしょうか?


小規模な業務システムを単機能でしたら、概ね20~50万円程度で、全業務対象100万円~350万円が中心です。比較的大きな規模でAccess(アクセス)-SQLserverの場合350万円~1500万円が中心です。


Q&AのTOPへ戻る



業務システム開発で何が作れますか?


多いのが従業員数100名までの中小企業様で受注から入金までの業務をすべて制作。これには、Access(アクセス)を中心として、データ件数が多ければデータベースはSQL Serverを使用。拠点が複数ある場合で回線が太ければAccess(アクセス)。回線が細ければWEBシステム(当社はPHP)を活用しています。WEBシステムになった場合には、Access(アクセス)ほど安く制作できないので、無理してAccess(アクセス)で制作する場合も多いです。すでに基幹系システムがあって、各種帳票、分析レポートを出力したいといったExcel(エクセル)を中心に制作。


Q&AのTOPへ戻る



業務システム開発のボリュームはどのくらい可能ですか?


Access(アクセス)単独で、だいたい1年間の各々の伝票が2万枚程度、SQL Serverを利用で1年間の伝票が25万枚程度が目安です。システムの利用人数は、 Access(アクセス)で同時接続5名程度、SQL Server利用で同時接続20名程度が目安です。


Q&AのTOPへ戻る



業務システム開発のサービス地域はどこまでですか?


弊社は、大阪の本町に事務所を出しておりますので、関西圏であれば、お伺いしてサービスを提供しております。関西圏以外は、Skype(パソコンから電話できる無料電話)でのビデオ会議にてお伺いすることの代用としております。Skypeのビデオ通話ですと、1対1の会話は、ほぼお会いして話をしているのと同じ状態になります納品の際は、関西圏は概ね訪問して納品。関西圏以外は、遠隔操作ができるソフトを使って操作説明をしております。


Q&AのTOPへ戻る

業務システムのツールについて

業務システムを構築するのにどのツールを使ったらよいですか?


Excel(エクセル)のみで構築→
年間のデータ件数1000件、1人にて使用。Excel(エクセル)でされている場合は、ほとんど自作でされている場合が多いです。ただし、この部分でも複雑な処理に関して、注文があります。10万円ぐらいで収まります。


Access(アクセス) + Excel(エクセル) で構築→
年間のデータ件数4万件、5人までで使用。注文が多いのは専門知識がないと難しいAccess(アクセス) + Excel(エクセル)からです。構築での目安は、年間のデータ件数が概ね1万件ぐらいまで可能ですので、中小企業が大半であり価格は20万円~50万円ぐらいで作成しています。Access(アクセス)は、比較的簡単にシステムが構築できるだけでなく、データ件数が多くなってきた時には、次のステップ 「Access(アクセス) + Excel(エクセル) +SQL Server」への移行が簡単です。


Access(アクセス) + Excel(エクセル) +SQL Serverで構築→
年間のデータ件数50万件、5人以上で使用。Access(アクセス)からの移行の際、はじめにAccess(アクセス)でつくっているとその資産をすてることなくそのまま、 「Access(アクセス)+ Excel(エクセル)+SQL Server」に移行できます。SQL Serverの種類は全部で4種類あり、特にもっとも下位の製品は、無償で、提供されています。そのため、上記で業務システムを作っていると企業の成長に合わせて、スムーズに業務システムの移行ができます。最近は、Access(アクセス) + Excel(エクセル) +SQL Serverでの構築の注文をいただいております。


Q&AのTOPへ戻る

Excel(エクセル)レガシー問題について

Excel(エクセル)レガシーとは?


個々のエンドユーザーが属人的に利用していたExcel(エクセル)のデータやマクロが、IT統制の観点からブラックボックス化し、管理が難しい状態になっていることを表すキーワードです。企業内で膨大な量が存在します。


Q&AのTOPへ戻る


潜在的に経営に与えるリスク・インパクトは?


  • 1) Excel(エクセル)でのロジックミスで誤ったまま仕事を進める。
  • 2) データやロジックが不要に上書きされる。
  • 3) 「正しいExcel(エクセル)はどれか分からない」という事態に陥る。
  • 4) 財務報告(特に連結決算処理)を誤る。
  • 5) Excel2007へのバージョンアップで過去の資産が使えなくなる。

  

Q&AのTOPへ戻る


代表的なExcel(エクセル)レガシー問題とその対策を教えてください。


問題:開発は楽、メンテナンスは大変。
対策:Excel(エクセル)のメンテナンス性を向上させる。
セル内にはなるべく関数は埋め込まず、VBAにて記載する。
イベントは、ボタンなどで明示的にする。
問題:資産がどこにあるか把握できない。
対策:個人で管理するレベルと組織で管理するレベルにわける。
具体的には、Excel(エクセル)で使用人数が一定レベル以上のものなどは、管理対象として資産を継承できるようにする。


Q&AのTOPへ戻る


アイライトのExcel(エクセル)レガシーに対する考え方を教えて下さい。


計画時:Excel(エクセル)のパスワードなどのセキュリティー強度に対するアドバイス
→システム監査技術者でシステム開発もこなすExcel(エクセル)のプロがアドバイス。Excel(エクセル)レガシーの組織運用ルールに対して業務アドバイスが可能です。
運用時:
1.Excel(エクセル)での開発は、通常の開発と同等の位置づけします。
→仕様書作成、入念なシステムテスト。
2.Excel(エクセル)の利用とAccess(アクセス)の利用の切り分けします。
→処理が複雑になるほど、Access(アクセス)で管理した方が容易です。
本来ならAccess(アクセス)で開発すれば、もっと便利にメンテナンス性が上がるのに、無理にExcel(エクセル)で稼働させているものがExcel(エクセル)レガシーの潜在的な問題と考えます。
保守時:メンテナンスサポートで当社以外が作成したものも対応します。
→トラブルが発生した場合にはシステム開発を経験したExcel(エクセル)のプロがサポート。


Q&AのTOPへ戻る

システム開発Q&A

アイライトの特徴は?


年間に40プロジェクト以上の開発をこなし、小規模システム開発では、関西でダントツNo.1の実績のシステム開発会社です。 Excel(エクセル)を活用すれば、表などのビジュアル的な表現が可能なシステムが容易に構築可能です。
社長は、中小企業診断士で、システムコンサルタントも務めたバリバリのコンサルタントです。


Q&AのTOPへ戻る


現在、紙で管理しているオリジナル伝票を電子化したいのですが?


多くの企業様は、得意先が同じだったり、同じ商品を販売していたりと運用面では、同じ作業を繰り返すことが多くなると思います。 また、過去の伝票履歴を確認したりするのは、わりと、大変ですよね? そんな場合に、Access(アクセス)を使うとすごく便利ですよ。 過去の伝票を引用した新規伝票の作成も簡単にできますし、過去伝票の検索も驚くほど早いです。 現在、使用していただいているお客様では、伝票4,000件ぐらいの検索は、2~3秒くらいです。


Q&AのTOPへ戻る


Access(アクセス)、Excel(エクセル)で途中までシステム化したんだけど、ギブアップ。


社内にて途中まで作成したが、動かないので助けて欲しいという依頼は、最近、大変多いです。 こういったケースの場合、お客様が作った部分を解析するのは思いのほか大変な作業で、場合によっては最初から作成したほうがよい場合も少なくありません。 一般的なIT企業では依頼を断るケースも多いと聞きますが、当社では、可能な範囲にてお引き受けしております。 せっかく、お客様が作った部分は、できるかぎり残しようにしていますので、まずは、お気軽にご相談下さい。


Q&AのTOPへ戻る


部門使用する管理資料としてAccess(アクセス)、Excel(エクセル)を使って業務システムを構築したい。


Access(アクセス)、Excel(エクセル)を使った業務システムというのは、あまり、大きなシステムは動かせません。だいたいの目安は、データ件数1万件程度でしょうか。 (ただし、それ以上になるとAccess(アクセス) + SQL Serverという別の選択肢もございます。) そのため、「Access(アクセス)、EXCEL(エクセル)を使ったシステム開発」は中小企業様を対象としてサービスを始めました。 でも、ふっと、わりと大きな企業様でも、部門管理資料作成に、Access(アクセス)、Excel(エクセル)でシステムをつくって欲しい旨の依頼がきます。 (多いのは、Excel(エクセル)で作成している管理資料を自動化したいといった内容です。) こういう企業は、情報システム部門なんかが、社内にあったりするんですが、自社システムのメンテナンスで手一杯で、なかなか引き受けてくれないんですよ。 あるいは、直接、情報システム部門から依頼があることも、 人員が手一杯で、そのような要望に応えられないんだとか。 うちは、小規模システム開発には、かなりの実績がありますので、そういったニーズにも対応してます。


Q&AのTOPへ戻る


関西圏以外からの Access(アクセス)、Excel(エクセル)を使って業務システムを構築したい。


システムの要件なんかは、はやり、直接、会って話をしたいものです。わりと業務要件は細かいんです。 そのため、関西圏を中心にサービスを展開していますが、最近、遠方地からの依頼も増えています。 弊社を選んでいただいて本当にありがとうございます。ただし、この場合、電話などで、かなり業務要件を確認させていただく場合も、ございます。 そういうことにも、臆せず、付き合っていただける担当者なら、なかなか、大変ですが、システムは完成してます。


Q&AのTOPへ戻る


料金を教えて下さい。


1画面1万円から、1帳票5,000円から作成しています。製造は、まず、見積もりを提示させていただき、納得いただいた上で開発を進めております。 費用面でも安心!!(おそらく、関西ほぼ最安値だと思います。) 弊社にいただく開発案件としては、20万円~50万円程度の案件がほとんどです。 価格が安いからでしょうか。最近は、首都圏の企業様からの注文が増えています。 諸経費なんかを考えると、うちと同じ価格提示は首都圏の企業様はできないのでしょうね。


Q&AのTOPへ戻る

今すぐお問い合わせください(無料相談受付中です!!)

(近畿大学にて非常勤講師も務めたバリバリの技術屋が経営する会社)

 Access(アクセス)Excel(エクセル)SQL server バーコード Webシステムを使った業務システムのシステム開発の無料相談を受付中!

株式会社 アイライト 担当:内藤 響(Naito Ko)
〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目5番9号 日清ビル 5F
(四つ橋線 本町駅 24番出口すぐ)
まずは、メール・電話でご相談ください。
TEL : (06) 6599-8890 E-mail : info@ai-light.com
お電話が混んでいる場合が多いので、つながりにくい場合は
TEL : (06) 6535-5117までお願いします。 

Access(アクセス)でどこまでできるのへ

画面サンプルへ

ページのTOPへ戻る

お問い合わせ