今増えている依頼例


現在、紙で管理しているオリジナル伝票を電子化したい。

多くの企業様は、得意先が同じだったり、同じ商品を販売していたりと、

運用面では、同じ作業を繰り返すことが多くなると思います。

また、過去の伝票履歴を確認したりするのは、わりと大変ですよね?



そんな場合に、Access(アクセス)を使うとすごく便利です。過去の

伝票を引用して新規伝票を作成するのは、楽々ですし、過去伝票の検索もすっごく早いです。

現在、使用していただいているお客様では、伝票4,000件ぐらいの検索は、2~3秒くらいです。

Access(アクセス)、Excel(エクセル)で途中までシステム化したけど、ギブアップ。

途中まで作成したけど、動かないので助けて欲しいという依頼は、最近すごく多いです。

こういう依頼ってシステム屋は好きでないんですよね。

というのは、人が作ったものを解析するのも大変ですし、場合によっては、1から作成した方が

よい場合も・・・うちでは、引き受けていますが、これなかなか微妙な場合もあります。



はっきりいって、こういうつくりはよくないなって思うことも多々あります。

しかし、せっかく、お客様が作られた部分は、できる限り残すようにしています。

まずは、相談下さい!

部門で使用する管理資料として、Access(アクセス)、Excel(エクセル)を使って業務システムを構築したい。

Access(アクセス)、Excel(エクセル)を使った業務システムというのは、Access、Excelを単独で稼働させる場合の だいたいの目安は、データ件数4万件程度です (ただし、それ以上になりますと Access(アクセス) + SQL Server という形にすると大規模システム開発も可能です)。 そのため、「Access(アクセス)、Excel(エクセル)を使ったシステム開発」は中小企業様を対象としてサービスを 始めました。



しかし、わりと大きな企業様でも部門管理資料作成に、 Access(アクセス)、Excel(エクセル)でシステムを つくって欲しい旨の依頼がきます (多いのは、Excel(エクセル)で作成している管理資料を自動化したい といった内容です)。



こういう企業は、情報システム部門なんかが社内にあったりするんですが、自社システムの メンテナンスで手一杯で、なかなか引き受けてくれないんですよ。 あるいは、直接、情報システム部門から依頼があることも。人員が手一杯で、そのような要望に 応えられないんだとか。



当社はシステム開発にはかなりの実績がありますので、そういったニーズにも対応しています。

関西圏以外からの Access(アクセス)、Excel(エクセル)を使って、業務システムを構築したい。

システムの要件なんかは、やはり、直接、会って話をしたいものです。わりと業務要件は細かいんです。 関西圏を中心にサービスを展開していますが、最近、遠方地からの依頼も増えています。 弊社を選んでいただいて本当にありがとうございます。



ただし、この場合、電話などで、かなり業務要件を確認させていただく場合もございます。 そういうことにも臆せず付き合っていただける担当者なら、なかなか大変ですが、よいシステムが 完成しています。


※システム規模によって価格は異なります、まずはお問い合わせ下さい。
お問い合わせフォームへ

今すぐお問い合わせください(無料相談受付中です!!)

(近畿大学にて非常勤講師も務めたバリバリの技術屋が経営する会社)

 Access(アクセス)Excel(エクセル)SQL server バーコード Webシステムを使った業務システムのシステム開発の無料相談を受付中!

株式会社 アイライト 担当:内藤 響(Naito Ko)
〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目5番9号 日清ビル 5F
(四つ橋線 本町駅 24番出口すぐ)
まずは、メール・電話でご相談ください。
TEL : (06) 6599-8890 E-mail : info@ai-light.com
お電話が混んでいる場合が多いので、つながりにくい場合は
TEL : (06) 6535-5117までお願いします。 

エクセル・アクセスの活用事例へ

システム活用事例へ

ページのTOPへ戻る

お問い合わせ